災害にも強いニュースタイルのマイホームZEHがすごい!

婦人

日本の気候にあわせて

家

断熱性と気密性の高さ

日本では北欧住宅がよく建築されていますが、それは北欧住宅に高い断熱性があるからです。冬にはマイナス20度にまで冷え込むことがある北欧では、住宅に厚みのある建材と断熱材とが多く使われています。その分屋内が冷え込むことが防げるので、日本でも降雪量の多い地域を中心に、北欧住宅がさかんに建築されているわけです。また断熱性が高いということは、日光による室温の上昇が抑えられるということです。したがってクーラーなどで室温を下げた場合には、その効果が比較的長く持続します。そのことから北欧住宅は、気温の高い地域でも注目されるようになっています。ただし断熱性が高い分、北欧住宅は気密性も高めとなっています。日本では季節や天気によっては湿度が著しく上昇するので、そのため気密性の高い住宅では、湿気によるカビや結露などのトラブルがしばしば発生します。これを防ぐためには、湿度の上昇を抑える工夫が凝らされている北欧住宅を選ぶことが大事とされています。たとえば、十分に乾燥させた無垢材が多く使われている北欧住宅では、余分な湿気が吸収されることから、カビが生えにくいと言えます。また、24時間換気システムが導入されていれば、湿気は自然に排出されていきます。さらに、窓ガラスが二重または三重になっていれば、結露も発生しにくくなります。このように、日本の気候を考慮して建築された北欧住宅を選択すれば、より快適に過ごすことが可能となるのです。

Copyright © 2017 災害にも強いニュースタイルのマイホームZEHがすごい! All Rights Reserved.