災害にも強いニュースタイルのマイホームZEHがすごい!

婦人

基礎の種類

間取り

ベタ基礎と布基礎の違い

鎌倉市で一戸建てを購入する場合、中古一戸建てだとお手頃な物件も少なくありません。鎌倉市は観光地として人気のエリアという事もあり、土地の価格は高めです。注文住宅を建てるとなると、かなりの予算が必要になります。一方、中古一戸建てであれば築年数や、広さなどによって変わるものの鎌倉市内でも、手の届きやすい価格帯となっています。一戸建ては夢のまた夢・・と考えている方も、中古一戸建てであれば鎌倉市内でマイホームを、手に入れる事が出来るかもしれません。中古一戸建てを購入するにあたり、基礎的な知識を身に着けておくのが大切です。基礎知識があれば選定もしやすくなります。中古一戸建てを購入する際、多くの方は基礎が気になるでしょう。基礎部分は家の構造部分でも、最も大切な箇所です。基礎がしっかりしていないと、耐震性や耐久性に問題が出てきます。一戸建ての基礎は大きく分けて、ベタ基礎と布基礎の2種類があります。ベタ基礎とは基礎の底部分と、立ち上り部分が鉄筋コンクリートになっている点が特徴です。1990年代以降に建てられた一戸建ての大半は、ベタ基礎が用いられています。鉄筋にコンクリートを打ち込んでいる事もあり、ベタ基礎は家の耐震性・耐久性が高い傾向にあります。もう1つの基礎、布基礎はベタ基礎とは違い、鉄筋コンクリートではありません。点検口から除くと床下は、土のままとなっています。1990年代以前に建てられた一戸建ては、布基礎である場合が大半です。

Copyright © 2017 災害にも強いニュースタイルのマイホームZEHがすごい! All Rights Reserved.